7/15〜7/21、ベビーパウダー、プロテインココア味、新歓コンパ、さるすべり

タイヤとチューブが引っ付くのを防ぐためにベビーパウダーが有効らしく近所の薬局で購入した。まさかチューブに塗るだけで使い切れるはずもなく、ネットで用途を調べてみたら出てくる出てくる。個人的には季節柄シューズの消臭が気になった。あとは股ずれかな。
ただ、ざっと見たところチューブに塗る用途は見当たらなかったんよねー。



7/15月曜日
オフ

海の日って何なんでしょうね?なんで休みなんでしょうね?海に行けってか?
海の日と山の日があるなら、空の日とかもできそうですね。



7/16火曜
スプリントの練習@裏江文峠


今日はスプリント13本。

6本目まではインナーギアで50mほど。私はこれまで全く知らなかったのだが、スプリントは2踏み目が重要らしく、この2踏み目をしっかり踏めるように色々試すのが目的。
これまでは1踏み目右足でがっつり踏み込んでいたが、実は1踏み目左足にして2踏み目右足にした方が全体としてスムーズになる。個人的には大発見。
はじめの左足1踏み目は2時くらいでサッと下に下ろすイメージで踏むと2踏み目がスムーズになる気がする。これに関してはこれから研究。

7本目以降はどんぶりスプリント。
7〜9本目は、30kmph・53×17で。
10〜12本目は、37kmph・53×16スタートの53×14で回し切るまで。
13本目は、45kmph・53×15スタートで53×13まで。

7本目以降は如何に早くトップスピードに持って行くかがポイントだったが、なかなかスムーズに加速できず、イマイチよく分からなかった…。


全体的に踏み方・姿勢・目線等々、全く技術不足だと感じた。インカレにはそれほど関係ないかもしれないが、スプリントも上手になりたいなと。そしたらもっと戦略の幅が広がるしねー。



7/17水曜日
WUテンポ20分
5分流し
6×2分(レスト2分)
5分流し
6×1分(レスト1分)
5分流し
6×30秒(レスト1分)
@裏江文峠


今日は激しいインターバルの日。
常に意識していたのは回復。決められた時間で如何に回復して次に踏むかを意識した。
どれも美麻の最後の坂を思い浮かべて走った。


今日はユニフォームのビブを着用した。これがまあ曲者で、ポジションがズレて全くシッティングが踏めない。実はテンポも全然踏めていなくて、テンポ領域に入っていない時間も多かった。

2分と1分はどちらも3本目までシッティングで目標を決めた。3本目から10〜12%パワーが落ちたら5〜10分流して次のメニューへ移行。


さて、以下パワー値。
2分
392w
393w
356w
404w
444w
447w
Ave.394w

1分
436w
403w
386w
445w
482w
361w
Ave.417w

30秒←コッチはMaxも
505w、672w
513w、618w
507w、701w
494w、715w
590w、720w
557w、743w



どのセットも「最後はみんな踏める説」を信じて5本目を全力で踏んだ。
反省としてはもっと30秒で踏むのが大事やね。突っ込んでいかないと。Max1000w超えも目指していきたいところ。


さて、次回このメニューを行う時の目標は…

2分→最初の3-4本を400W +/-程度にして、ラスト2-3本を限界まで

1分→最初の3-4本を概ね417W +/-にして後半全力

30秒→ペースは考えずに出せるパワーを出す

というのが中田コーチから言われていることで、自分的にもまあそうかなぁって思う。2分の3本目が酷かったのは次回絶対修正しないと。2分450w、1分500w、30秒684wってのがやっぱり最終目標ですな。

オマケ(今日のインターバルデータなど)
f:id:kucrt:20190721210252p:plain



7/18木曜日
途中

今日は体ほぐしライド。なんでも「〜ライド」ってすれば通じる説。


昨日の疲労は思ったよりは少なくて、今日は結構気分が良かった。強度は200w前後をフラフラ。


そういえば、遂に重い腰を上げてザバスプロテインを導入した。120食分のデカイやつで、ソイプロテインのココア味。摂取タイミングは練習直後と就寝1時間前。
このプロテインamazonで購入したが、1食60円ほど。つまり1日約120円。同じ価格帯のもので考えると、例えばアボガド1つ、じゃがいも1袋、卵6個とか。費用対タンパク質では卵に劣るが、その手軽さ・便利さは卵を圧倒しているので許容。
あと、ソイはホエイに比べて吸収速度がゆっくりだが、自分の場合練習後はすぐに食事もとるので問題ないと考えている。
ちなみに練習直後の定番メニューは卵かけご飯。理由は簡単で、練習後枯渇している糖質をまずは摂取して、さらにタンパク質合成を促進するインスリンを出しつつタンパク質を入れるため。大体卵かけご飯とプロテインで22gくらいのタンパク質をとっている…。
続きはまた今度。



7/19金曜日
ローラー流し20分


今日はオフ。部屋でちょろっと乗っただけ。

オフ日にはテスト勉強を進めたいと思うのだが、テスト前は部屋を掃除したくなるのが人の性。部屋を掃除すれば面白い本が出てくるのが世のことわり。
ついつい先生の自白に引き込まれてしまった…。

なにも進まんでござる〜。



7/20土曜日
全体練習美山with岡本さん、向井田、辰巳、新谷、安井、能登


1回生が参加した全体練習ってかなり新鮮で結構楽しみにしていたが、今日は連太郎が休みで能登1人。
能登に関してはVO2Maxインターバルの1本目で前に出てきたのはなかなか良かったし、あまり調子良くはなさそうだったけどそれなりに強かったと思う。

自分が1回生の時に一緒に練習した4回生は森田さんだけで、その中でも記憶に残っているのは2回ほどだがまあ鮮明。
「長いし遅い」と言われて後ろから抜かれて先頭交代したこと、「俺登り苦手やから」と言われて自分1人京見をもがいたこと、12月の雨の日の京北で走行不能状態で放っていかれたこと…。
どれを取っても美しい思い出ばかりである。


さて、今日のメニューは以下。
・サンダイコーまでエンデュランス
・3人ずつに分かれてSST(合計40分)
・美山で休憩後深見北側でVO2Max5×3分
・ローテ回して裏京見まで
・裏京見でもがく


SSTは新谷、安井と一緒に走った。全員がSSTになるよう色々試行錯誤したが、数値的に登り基調なら後ろでもSSTに入るようなのでほぼ1人で踏んだ。
サンダイコー〜深見
24m37sAP258w,NP281w
神楽坂〜北桑田
10m27s AP298w,
深見
13m19s AP316w


美山で休憩後に裏深見でみんな仲良くVO2Maxインターバル。スタート時150TSS。インターバルは3分弱。

2m44s392w
3m12s403w
3m12s404w
3m09s406w
3m21s361w


1本目は様子見。スタート地点が確定ではなかったので恐る恐るといった感じ。これで短いことが判明したので2本目以降は距離を伸ばした。
3本目までは淡々とこなせたが、4本目で一気に疲労がきた。こういうインターバル練習時にはありがちだが、次のセットを考えた時に嫌気が差すやつ。これ5本目無理じゃね?みたいな。
今回も「最後はみんな踏める説」を信じて4本目に頑張ったのだが、この通説が自分には当てはまらないことが判明。いや、気が滅入っていたからか…。
5本目は後ろから向井田、辰巳に抜かれる。辰巳は最後に捲ったけど、向井田に付き切れなかったのが惜しいところ。
まあ、やっぱりインターバルも人とやった方が追い込めますな。


裏京見
7m41s AP312w,NP348w

裏京見は向井田を倒しにいくことに集中。ペース上げてローテ回して最後にアタック。


夜は新歓コンパ。みなさんお疲れ様でした。



7/21日曜
江文峠〜表裏花背〜江文峠

いやはや、昨日の新歓コンパでは自制が足りませんでした。「うん、知ってる」という声がどこからともなく聞こえてきそう。
それにしても、昨日は歳を感じましたね。1次会で満腹で2次会はほとんど何も食べる気にならなかった。選手としては良いのだけど、22歳ってのはそういう時期なのかね。


今日は午前中ぼーっとして15時前から練習。
SSTやらテンポやらのメニューは一応あったが、火曜日に回復しているように自由にしてよかった。

サンダイコー花背にすると京見を越えるのが面倒なので江文峠方面を選択。
花園橋からエンデュランスを始めて、今日も調子が良いのを確認。江文峠をテンポで登ってアップ完了。

花背は貴船神社から頂上までSST
28m18s,294w

ここからどうしようか少し迷ったが、まあいけるでしょうということで下って裏花背テンポ。
21m59s,284w

せっかく走れている日だから江文峠から帰ろうと思い立ち、八瀬の方面からエンデュランスで帰宅。


今日は昨日に引き続き好調だった。ただ確実に疲労は溜まっているので明日はしっかりと休みたい。



来週は土曜日のはりちゅうが最重要。ここに合わせて調整してしっかり勝ちきりたいところ。
4回生にもなって情けないがテストがヤバイことに今更気づいたので、まあ今日はしんどいから寝るとして(笑)、明日から頑張るつもり。うん。

7/15~7/21

7/15(月)~7/17(水)オフ

落車で打ったところが痛むので。水曜日には普通に歩けるようになった。

7/18(木)三本ローラー20分

脚の状態を確かめる。まだ少し痛みというか違和感のようなものがある。

7/19(金)オフ

7/20(土)美山周回、SST、VO2maxインターバル

SST 23:20 259w, 10:36 277w, 13:20 284w

VO2max 3:00 351w, 3:27 337w, 3:22 321w, 3:01 344w, 3:01 335w

SSTは美山反時計回りでやった。深見、北桑田、深見。一本目は新谷とローテを回し、登りは福原さんの後ろで。二本目と三本目は福原さんに付き位置。そこまできつくは感じなかったが、気付かぬ間に脚にはダメージがきているもので、美山での休憩後に深見北側でやったVO2maxインターバルは一本目から踏めなかった。しかも下ってすぐスタートなのでキツい。5本目だったか、気づいたら反対車線にはみ出していた。危ない危ない。

出し切ったのでその後は地獄。二列ローテで先頭交代しても減速しないマンがいて、それを抜かすために頑張ってたら栗尾の手前で全く踏めなくなった。その時は自分が下手だからしんどいのかなーと思っていた。栗尾からは一人で帰ったが、Tempoどころではなかった。

7/21(日)オフ

 

白馬までにチェーンを替えて、ホイールも一度付け替えて走っておく。

7月8日~7月15日 休息週、MT車との格闘

今週は教習所に通いまくった。とりあえず仮免許を取ったのでひと段落。意外に修了検定は緊張しなかったし学科も楽に感じた。なんで4回生にもなって今更取ってるのというツッコミはなしで。

7月8日 起床時 57.2kg
オフ
何してたか記憶にない。

7月9日 起床時 56.6kg
オフ
大学の友達と久しぶりに遊んだ。

7月10日 起床時 56.1kg
江文西~途中 1h33m NP231w
とある新しいジャージが来たので早速着てみるが、パッドの厚さの違いは無視出来ないなあと思った。うーん残念。
今日は登りを速過ぎず遅すぎないペースで登り、最後の20~30秒間しっかりとギアをアウターに入れて600wを切らないようにもがく。きついけどまあこういうのが実践的なんでしょう。レースで完全に止まった状態からスプリントが開始するなんてありえない話で。

7月11日 起床時 56.4kg
テンポ 60m 228w
ツール・ド・フランスを見ながらローラー。凄い熱い戦いだった。海の向こうでは最高の才能を持った人達が極限までトレーニングを積んでしのぎを削っているかと思うとなかなか熱いものがこみあげてくる。
プロ選手というのは本当に尊いが、それと同時に非常に残酷な世界だとも思う。努力に見合った成果が得られないことがほとんどなんだろうな。
この日はなんか調子が良かった。ツール見てたら興奮してパワー上がるのか。

7月12日 起床時 56.6kg
花園橋~途中 1h13m NP248w
24:52 277w NP302w
ラスト 2:44 388w
なんか調子がいまいちだったが、途中は特大エビフライからアタック。体の力を抜いてタイミングよく行けた。

7月13日 起床時 57.2kg
計測の日に増えてしまうのはちょっと残念
FTP計測
5m 355w
20m 304w 5.316w/kg
花背バス停から 18:44
FTP 289w 5.052w/kg
今日はFTP計測。前に測ったのはいつだったか。思い出せない。人生で1番長い20分と前日から覚悟を決めて挑んだ。
目標を達成出来ず自分の中ではとても不満が強かった。最近の練習の感じからだともっと出ると思っていたし、全てを出し切れなかった。
と思っていたら、今までのデータから判断するに中田コーチいわくこんなものらしい。
でも、現状に満足してしまったらその時点で成長は止まってしまうのでもっと頑張ろうと思った。というより全く満足出来ない。そもそも体重が自分よりある人とPWRが同じではダメでしょ。登れるマッチョは最強と昔から相場が決まっている。インデュラインとか。

7月14日 体重 測り忘れた
バンク練習
最近若干ロードの練習のマンネリ化を感じていて、昇格したことで短期的な目標を失ったこともあり、少し飽きを感じていたが、久しぶりのピストで良い気分転換になった。コスパは悪めだけど、体の使い方が違うしたまにはいいなと思った。月1ぐらいの頻度で、休息週に行こうかなーと思ったり。

ギアは最初48-14で何周かしたが、軽すぎたので50-14にしようとした。しかし、手持ちのチェーンの長さが合わず54-15で。これが結構いい感じのギアだった。
上段から掛けて400もがき倒すのを2本。
自分は向井田とペア。
1本目は自分が捲り、2本目は逆に捲られた。
なかなか今日は全体的にいい感じに競ることができ、良い練習になった。
その後1kmを測る。ドロップハンドルでギアも吟味せず、前後練パなのでタイムはお察し。ただただキツかった
その後4kmをみんなで。実は4kmじゃなかったらしいが。能登が割と早々にいなくなり、その後連太郎がいなくなるが結構頑張った方だと思う。あと、ダンシングがかなり様になっていた。最後は松山がかなり苦しそうにしていたが、自分は4kmでさえスロースターターのようで終盤にかけて踏めるようになっていった。
最後はポイントレース。4周に1回ポイントで、全部で7回。最初のポイントは向井田に取られてしまったが、その後は5回連続で1位通過。途中松山と向井田と超接戦の周回があったがまあ若干差せたかなと思っていたら、めいちゃん的には差せてたらしい。キツかったけどなかなか楽しくいい練習だった。
安井は最初に落車してしまってかえってマイナスとなってしまった練習だったが、まあ自転車はそういうこともあると割り切って、切り替えていくしかない。
とりあえず白馬出る人はがんばりましょう。自分もしっかり完走ポイントを取りに行きます。

7月15日 起床時 56.8kg
オフ。先日は色々中田コーチに聞けて有意義だった。とりあえず自分のトレーニングに対する基本的な考え方はそんなに大筋を離れているわけではない、と思った。まあトレーニングピークスの記事はほとんど見たからなあ。
ただ、データを見る限り、まだ自分の脚質はハッキリしていないというのは結構衝撃的だった。遠い将来にはムキムキのスプリンター達に混じってフィニッシュ前でもがき倒している中山が見られるのかもしれない…
人間、自分が思っているほど自分のポテンシャルの限界まで引き出せてはいないとはかねがねより思っていたので、そのためにもコーチングは有意義であると思った。

7/1~7/14

先週分を載せ忘れていました。

7/1(月)タバタ694,559,503,432,444,452,421,496w

スクワット60*5,80*5,85*5,90*5,90*4

レッグエクステンション75*6*3

無限ベンプレマンがいらしたので動画を撮っていただいた。少し軽めでデッドリフトも試してみたが、こちらはなかなか良い感覚が得られず。というか、タバタの後のウエイトはしんどい。

7/2(火)オフ

7/3(水)朽木

森さんと。花折、江文でもがいた。

7/4(木),7/5(金)オフ

学期始めに時間割とバイトの時間を設定した時は深く考えていなかったが、木金は1限から夜まで拘束されてしまっているので、後期は練習のために時間を空けたい。早起きが大の苦手なので。

7/6(土),7/7(日)さくらおろち湖

7/8(月)オフ

7/9(火)スクワット60*5,80*5,90*5,90*5,60*5

スプリント練できたかも…微妙な天気。この日のスクワットは前腿の負担が大きめだった。原因は不明。おかげでレッグエクステンションがまともにできなかった。あと、すごいロン毛の人がいるなぁ、と思ったら高久さんだった。

7/10(水)サンダイコー

美山に行くはずだったが、森さんがパンク&メカトラでお帰りに。そういえば自分も携帯ポンプを家に置いてきてしまったことに気づいたので、弓槻、サンダイコーの東側の平地で実走タバタをして帰る。難しい。

弓槻636,500,449,471,462,471,451,443w

平地698,472,446,426,443,489,425,426w

帰りの栗尾はそこそこ頑張って、6分弱335wくらい。

7/11(木),7/12(金)オフ

いつも通り。ダメなのはわかっているんですけどね。

7/13(土)FTP計測 5分370w,20分312w(FTP296w),花脊20'00(62.8kg)

花園橋~江文でアップ。花脊で5分走、15分レスト、20分走。

3週間前は5分360w、レスト25分、20分302wだったので確実に伸びているが、短期間でこんなに上がるものなのか。練習頑張ったもんな…ん?たいして頑張ってない。なんでだろう。

花脊はついに目標にしていた20分。いざ達成すると、なんだかあっけない。

7/14(日)バンク練

1周競争の助走でバンク外側を走っていたところ、前の松山さんが滑って落車。自分もかわせず巻き込まれて落車。擦過傷は大したことがなかったが、打った膝と尻がかなり痛いので練習やめ。まともに歩けない。ああ。

7/8〜7/14、FTP計測、結局さー、七夕コンパ

7/8月曜日
ローラー流し20分

オフ。
動きは悪くない。



7/9火曜日
平和堂

今日は明日のメニューへの調整が目的。

エンデュランスで淡々と踏み、平和堂で折り返して途中まで。

途中の下りからは10×1分高回転走。インターバルは1分のアクティブリカバリー。

裏途中から降り始めた雨に打たれながらの高回転走であったが、7本目あたりから自然と脚が回る感覚を得る。良きかな。


今日はオフ明けということもあり序盤の動きがよくなかった。

雨の中走っていてふと下を見ると、たまに自分が進んでいないような錯覚に陥ることがある。工事後間もない綺麗なアスファルトだと鏡のようになって自分の姿がきれいに映る。これ結構あぶないな。



7/10水曜日
プレFTP計測ワーク@花背

今日は土曜日のFTP計測に向けてペース感覚を掴む練習。ペーシングを覚え、目標ワット数を設定する。


本日のメニューは以下。

MS1: 60分 低めのエンデュランス

            • -

MS1: 1 x 20分(000-000W)
前半10分ベストマイナス10-20W
後半10分ベストプラス0W-20W
 
最初の10分は楽に感じるはず。
8-10分ぐらいまで来たら段々ペースを上げて後半10分は20分MMPかプラス0-20W
ケイデンス:自由
レスト:15-20分流し

              • -

MS2: 1 x 20分
前半 MS1の20分AVGのワット数で。
後半 前半より高くなるように
ケイデンス:自由
レスト: 15-20分流し

              • -

MS3: Mask FTP 1 x 10分(000-000w)
ケイデンス:自由
地形: 登り
静かにスタートして2分ごとに上げて行くイメージで。
この10分はマスク。ヘッドユニットの表示を隠して感覚で走ろう!
レスト: 15-20分流し

            • -

MS5: 2分30秒全開! Vo2Max
後半足がなくなっている中でも全開を出せる能力を作る為。週末の5分のペースを考えるのにも役立つ



さて、前回の計測は4/17で、その時は花折〜朽木で行った。
今回どうして花背にしたかというと、
❶今週の土曜は全体練習で、全員が追い込まなければならない。
❷レストの時間を守りやすい

以上2点。
朽木〜花折の道は登り基調ではあるが30キロ以上は出るので後ろに付いたら楽になる。それからあの道でゾロゾロ走るのは危ない。
あと、花折で5分走した後朽木方面へ下るわけだが、実は移動に20分以上かかる。これによって少し不正確なところが出てくるので、やっぱり花背でしょうと。


今日はくらま温泉の看板から20分走はスタートした。
1本目は前半抑えながらだったのだが、なぜかそんなに楽じゃない。花背って斜度がキツすぎたり所によっては緩すぎたりして意外とパワーが出しにくい。
何とか前半312wは切らなかったが、後半上げた時に辛かった。
20m03s、320w、75rpm


2本目は少しボトルの水を減らしてから行った。
花背と山中は登り方が違うようで、花背は上半身を起こした方が呼吸が楽で良い。ということに気づいて、しっかり踏めた。
20m01s、328w、75rpm


3本目は10分走。ポイントはサイコンを見ずにFTPパワーを出すこと。
スタート地点はいつもの計測場所のバス停から。
序盤こそ2分を意識していたが、最後は踏み切った感じ。
10m01s、332w。←ピッタリでござる。


20分休んだのち最後の全開走。
2分半が意外と長くて、タイム確認でロスが多かった。あと、普通にそれまでの疲労があった。
2m31s、453w。
平均ケイデンスが71rpmってのが気になる所。私は1分〜5分は軒並み76rpmでベストを出しているので、もう少しケイデンスを上げられるかもしれない



今日は何だか脚に違和感があった。メインセットに入る頃にはなくなっていたが、少し気になるところ。

やってみて思ったが、花背って意外と踏みにくい。斜度がキツくてケイデンスが上がらないのが原因の1つだろうと思う。というのも、前回計測時の20分走平均ケイデンスは89rpmで、今回が75rpm。地形は違うが、もう少し何とかならんかねー。


とりあえず、今週の土曜はベスト更新を目指す。
目標は、、、
1分710w
5分440w
20分355w


ps.そういえば、花背で(旧)東大チックなジャージを着た人とすれ違った。気のせいだよね…。



7/11木曜日
オフ

自転車に指一本触れず。
ちゃんとオフする日はこれくらいが丁度良い。

夜にサウナに入ったらめっちゃ快眠。



7/12金曜日
大原

今日は明日に向けた調整。
花園橋までアップで、そこから3本スプリント。これで今日の調子をはかる。

スプリントの感触、というか乗った瞬間の感じで今日は調子が良かったのでその後20分テンポ。



7/13土曜日
FTP計測@花背
63.5kg
5m 430w
20m 334w
1m ?
5s 1054w



全体練習だったのでみんなで仲良く花背行き。
これからインカレまでのトレーニングを考える際に参考になる今日の計測。
今回は初めて花背で行った。


最初の5分走はもちろんフルアウター。
ただ、初めてのコースなので仕方ないが、どこまで踏めばいいのかの目安が無いので何度もサイコンをチラチラ。ステムに付いてるからダンシングしながらは非常に見にくい。それにしてもザコい。

20分はくらま温泉看板から。花背踏みにくい以外に特にコメントなし。

1分。5分同様目標物がなくて踏みやめたところが42秒。絶望。

5秒。新谷・辰巳と共に裏江文峠への道で。こんなもんじゃないですか。


概して、話にならないレベルでしたね。


午後からは部室で中田コーチとのミーティング。
自分の望む勝ち方に向かって練習していこうという話、で合ってるかな?
全体的にはVO2maxとFTP向上は必須ということ。あとは回復能力を向上させましょうという話。インターバルのレストを短くするとか、そんな話。



7/14日曜日
20mSST、30mテンポ、江文峠(128TSS)@朽木


今日はエンデュランス能力向上が目的。

20mSSTは朽木までの下りで。平均パワーは281wなので実はSSTに届いていない。まあ下りなのでいいことにしとこう。
橋を渡ってからのラスト3分くらいはFTPで踏んだ。イメージはペースアップ。

テンポは帰りの登り区間で行った。
今日も別段調子が良いわけではなく、かなり苦しみながらのテンポ。

花折下ってからはエンデュランスで移動して江文峠に寄り道。この時点でTSS128。
江文峠3分56秒、400w。

江文峠は美麻のラストによく似ている。
直線の坂を下ってきてからFTPくらいで踏んで、補給所あたりのラスト1分はガチンコ勝負。去年はここで千切られて4位だったので、今年は千切って1位になりたいところ。



最近、練習がエゲツないストレスになっている。ちょっとトレーニングに対する考え方を見直さないといつか崩れそうな気さえする。あと、普通に不調で思い通りに練習できていないもどかしさもあるか。梅雨で天気が悪いのもあるかも。

とりあえず来週の目標はテスト勉強にメドをつけること。練習に関しては明日考えるつもり。ちょっと今はしんどい。

さくらおろち湖サイクルロードレース

いつもながら大変お待たせいたしました。今回の遠征も非常に有意義なものとなりました。ひとえに素晴らしいサポートをしてくれたなっちゃん、あかねちゃんのおかげです。ありがとうございました。

 

今回のお宿はまさかのゲストハウス。普通に過ごしやすく、たまにはああいうのもええかなと。最近流行ってますね、民泊。

 

f:id:kucrt:20190706212812j:plain

めっちゃキレイやん!

レース前日にコースを試走したが、上りが記憶より遥かに短く拍子抜けした。1回生のときと比べると成長したんやなあとしみじみ。温泉に浸かり準備万端。勝つつもりで参戦しているので前夜は割と緊張した。全日本の方がリラックスしてたような…

f:id:kucrt:20190706201032j:plain

風呂あがり 統一感ありませんな~

 

Results】 選手権クラス 12.3km×5laps=61.5km

2位 1’42”23 (+0”02) 出走49/完走39

 

Lap/ time/ NP/ Av. power

All laps 1h42m23s 264w 218w

Lap1  22m44s 239w 189w

Lap2  20m43s 237w 204w

Lap3  20m00s 283w 230w

Lap4  19m24s 280w 244w

Lap5  19m27s 296w 241w

 

コースはスタートから1kmほど登り基調の平坦。その後3分登り、一気に下った後細かいアップダウンを繰り返す。最後に1km弱登ってフィニッシュ。

 

スタートは安定の最後尾。号砲と同時に皆一斉に爆走していったのでいきなり千切れた。血気盛んやな~、激しいレースになるんやろな~とか思ってた。この時は。パレードの割に上りが結構速かったが適当にこなして先頭付近でリアルスタート。最初は皆元気なので何度もアタックがかかる。しかし飛び出した後踏み続ける力が無いのか集団の10秒ほど前をTTしてるだけ。上りはそこそこ踏むけど平地はぬるぬるペース。2周目に入りだいぶ集団は落ち着いた。集団先頭では京大鈍行列車が出発。あれは意味不明やった。牽くんやったら後ろもしんどいくらいのペースで牽いてほしい。それが出来ないんやったら大人しく後ろで脚を貯めるべき。集団後ろの方では「京大にコントロールは任せたらええやん。」とニヤニヤしてるおっちゃんが沢山いたけど気付いてました?自分は特にやることがないので上りで誰が強そうかを観察。

 

3周目に入ってもペースはぬるぬる。脚止めてても気づいたら先頭に出てる。そんな感じでずっとイライラ。最初の上りでアタックかけてみたけど誰も反応してくれない。その後も元気な高校生と一緒に抜け出してみるが脚が揃ってないのでイマイチ上手く逃げられない。S/F地点前の上りで集団に吸収され、直後にカウンターアタックがかかる。注意していた選手が行ったので頑張って追いつき4周目へ。

 

シエルヴォ奈良の選手と松山東の高校生と3人で逃げ始める。ようやくリアルスタート。最初の上りで高校生が「上げますよ~」と言って鬼踏みを始める。上りを終え下りきった時には集団との差は40秒。その後も非常にいいペースで快調に逃げ続ける。平地ゆるめ上りガチ上げだったのでかなりしんどい。普通逃げるときって逆やないの?とは思ったが高校生が強すぎて何も言えなかった。情けない。

 

最終周の最初の上りでまたペースが上がりたまらず一旦千切れるが、ペースで踏んで頂上で追いつく。ローテの様子的に脚の残り具合は高校生>>>>>>自分>>シエルヴォ。集団とのタイム差は2分に開き、逃げ切りは決定的。淡々と逃げてゴール前。斜度が緩んだところで高校生が飛んでいき、自分はシエルヴォをかわして2着。

 

勝てませんでしたね。優勝しか狙ってなかったんですけどね。優勝した松山東高校の彼は非常に強かった。今回は3周目までアップでラスト2周でレースをしたといった感じ。その中でも3周目に動きすぎた感は否めない。いや、彼は強かった。練習しますわ。

f:id:kucrt:20190707124349j:plain

賞品のお米と一緒に

 

1回生に関しては比較的よく集団に残れてたし、いい経験になったのではないでしょうか。あとはコケないこと、フラフラしないことを徹底してもらえればと思います。

 

最後にレース後の写真貼っときます。山陰の雰囲気は個人的に結構好きなので、また参戦できればと考えています。

f:id:kucrt:20190707180134j:plain

沈没5秒前

f:id:kucrt:20190707175619j:plain

松山「地球?真っ平に決まってるやん。」


ではまた。

 

先のことばかり考えてると気がついたら死んでるぞ

というのがインディアンの教えらしい。

痛いほどよくわかる。てか痛かった。

 

8 記憶にナッシング

 

9ローラー?

 

10  筋トレ、ローラー

 

11 off

 

12 筋トレ、ローラー

 

お外で走りたい。けど万が一こけたらもう一回病院行きという事実にビビってる。とりま骨が完全にくっつく頃まではローラーですね。院試終わったらお外走ってるかも