個ロード

個ロード

 

14/17 DNF 

 

12周目でちぎれて2周走って赤旗 122.16km 3:08h NP 307W 219TSS

 

遅くなりました。

だらだら長くなるので、結論を先に

12周目の坂で完全に攣ってしまい死亡 何もせず、自滅。

 

完走はできるだろと思ってたがそんなことはなく。

終わってからは悔しさとかよりも、あっけなさとか喪失感の方が大きかった。

 

 

コースは味噌川ダム 1周9km を17周回

大体1分半5%の坂があって あとはワインディング 狭い湖沿いの道 1車線くらいで左右には木々といった道をずーっと。緩やかに降ったり登ったり

途中くらいトンネルを抜けて、大きな直線の橋が1本と小さな橋が1本という構成

トンネルはまあまあ暗いからクリアレンズの方がいいかなー

そして木祖村ではこれで終わりであったのだが、ラストはなんと周回コースから外れて9%の坂を800Mくらい

なんやそれめっちゃ楽しそう。最後勝負やん。という感じ。

 

木祖村の時は大橋で強めの横風が吹いていたのだが、今日はそんなこともなく。

連太郎と前川さんに来てもらって、連太郎にトンネル後にあるPITに入ってもらい伝令を兼ねてもらって

前川さんに補給所に行ってもらった。

 

作戦としては、今までのレースから逃げる足はなさそうだし、加えて単騎だから集団が抑えモードに入るってことないだろうと。コース的に細かいコーナーが多く10人程度の大逃げは気をつけなきゃだけど 基本的には捕まって、最後の坂勝負になるだろうとみる。(基本的に最後の坂で勝負する自信があるなら集団に留まるだろうし、そういう人は大概強いから、逃げ決まりそうになったら潰してくるやろうという算段)

しかも強い人だけでうまく逃げれそうなポイントほぼほぼないし。

だから、強い人の大逃げだけは気をつけて、基本的には何もせず。足ためて。最後の坂だけ頑張る。

去年と違って、ACインターバルを結構取り入れてるから、そこまで残れてたら可能性去年よりあるし

 

前日の練習でチャリが微妙な感じだった。 前日雨降ってて自転車いじれるとこもなく、当日の朝直すことにした。

おかげで結構バタバタしてしまった。

スタート時にはまあいいかという感じにセットできたのでよかったけど。

開始が8時だったため、4時半起き5時ご飯6時会場入りという流れ

 

調子はいいんか悪いんかわからん。サイクリストトレーニングバイブルの第5版に書いてあったピーキング試してみたけど

 

 

以下レースレポ

かなりバタバタで最後尾スタート。逃げるつもりもないし別にいいんやけど。

 

序盤は絞りに来てペース上がるのかなと思ってたけど、そんなこともなく。 

路面が朝雨降っていて湿ってたからかな。 みんな慎重に。

そこからしばらくサイクリングペース。

先輩らの日誌みてて序盤サイクリングで後半からリアルスタートって書いてあって、意味わからなかったけど、初めて意味わかった。確かに序盤サイクリングだわ。今までの中で一番ゆっくり。 そりゃ50kmそこらと150kmでは違うか。

別にキツくもなく、周回をこなしてく。 基本的に一列棒状のままレースは進んでいくけど、ペースが早いから一列棒状というより、道幅狭いから一列棒状になってて、かつ、どこかでふくらむということではなく最初から最後まで基本的に一列棒状なので 中切れさえ巻き込まれなければ全然余裕。

あと、最初目星つけてた人らも割と散らばってて、嫌な雰囲気もしなかったから、無理に前でなくていいやと大体最後尾。

法政の風間(風)さんは木祖村でも最後尾らへんにいたなーと思いながら 中切れあったとしても、風間さんについてけば追いつくやろとレースが始まるまで最後尾かな。楽やし。

4回目の1分坂で45分経過あたりで、それまで坂は全部アウターで登ってたが、インナーに落としたらチェーン落ち。

少しいやーな感じしたんよね、、、。

レース中のチェーン落ちした経験あったので慌てず直して。序盤というのもあり、最初の補給周というのもありペースがまだ上がってなかった幸運もあってなんとか追いつく。

それまで余裕やなと思ってたけど、あーマッチ使ったなーって感じ。軽く足にダメージ感じる。そこからラストの坂以外アウター固定を決め込む。

どっかで落車あるやろうなと思ってたら、案の定その次の周?下り70km/hくらいでた後のブラインドで大きな落車発生。4〜5人くらい倒れてる。

道幅ないしブラインド出しで、ギリギリで避ける。

まあここもマッチ使ったけど、中盤にいて巻き込まれるより100倍マシ。 慣れてきたなーってあたりで落車起きるね。

 

そして レースに全くかかわらず足つって勝手に終了。 何もせず、、 心肺的なきつさはほぼほぼなかった。

 

ダメだった点いくつか

補給はあかんかった。 自滅した。 それがよかったら残れてたかは未知数だけど とりあえず補給はあかんかった。

 

4なし 5なし 6ジェル 7なし 8失敗 9コーラ バナナ 10水 11なし 12ジェル*2   千切れた 13なし 14なし

前川さんがくれた補給のメモ

 

補給所は5%の坂中。 坂での補給はほぼほぼしたことなかった。 木祖村でも補給周キツかったなーというのを帰り思い返した。平坦だと補給をもらったり、ポッケ入れたりしたりするとき足をとめても何ら問題ないけど、作業しながら、踏み続けるのがむずかしかった。それも400~500Wで踏みながらとかは全然できなかった。

補給しようと思うと、結構密なので、集団は先にいくが、ペースを落とす必要あってかつアウター固定。 補給もらって足止まってケイデンス低い状態からえいやと踏む必要あり。 それに普段2分走とかのW出す時ダンシング多用してたけど、補給作業で色々やってるからずーっとシッティング。

補給作業で自らインターバルをかけてしまっていた。ばか。

 

綾野さんのレースレポとかで、水半分にしたら軽くなるしいいのにと書いてあって、9kmに一回つまりいつでも補給いけるし確かにそうだなと思ってそれやってみる。(ゆうたろうさんはいやだと書いてあったけど、体重がそこまで落ちなかったから軽くできるなら軽くしたかった)

だけど無駄に補給する必要が出てきてよくなかった。

木祖村が補給一回だけで済んで(2本もらったから今回なら実質2回)パンクで死んだけど攣る気配なかったのを考えるとと言った感じ。

 

坂であったこと

4チェーン落ち

5 落車セーフ

6補給 軽くするためもらったの半分捨てる

7

8半分捨てたら意外とすぐなくなってまた欲しくなる。が弾いてしまってとれず。 

9足にダメージきてるなーって思ったのでコーラバナナもらうかと思う。 バナナボトルに張り付けてもらってたら、ビニールテープでなかなかとれず。かといってそのままではボトルケージに入らず。口でなんとか回収してたら、バナナ落ちてさよなら。 セルフインターバルきつ。回復する予定がダメージ。補給で下がってるうちに前が意外と進んでて危うくちぎれかけるも5人で回しセーフ 

10 最初から持っていたボトルがなくなったのでまた必要になった。 

あれー足がやばいってのは思う。確実につりかけ。 ようやく補給よくないって気づく。 たださっきもらったコーラさっさとなくなってしまったからもう一回は行かなきゃあかんなー。 

11 補給取らんと楽だわー 

12 この周で最後にしようと思う。もらって入れて(ジェル2個はそのまま入れることできんかって手間取った)さあ踏むぞと思ったらバキバキに攣った。騙し騙し踏むも千切れる。

13 14 飲んだら元気になったからまあまあ踏める。が一人では追いつくこともなく終了。めっちゃ上がってグルペットでも形成されてないかなと願うもできず3周も走って終了。

 

他のダメだった点。

坂の途中でインナーに落として落ちたんだったら、もっと早めでインナーに入れてもよかったよね。レース前は普通にできたから(ただこれは怖すぎたな、、)

終わったあとナーリーに持ってくも最適な位置だって。 今までのレース乱暴に入れても落ちることなかったのに、、、

Duraチェーンがいつものよりも長さ短いくらいしか思い浮かばない。

 

あとはレース前、バタバタしてて朝早いというのもあり水分補給があまり足りてなかったかもしれない。 BCAAレース前に取ろうと思うも、コミニケーションミスで前川さんに持ってかれてしまい、摂取できなかった。というのもある?

 

最後にもらったやつ、マグネシウム入りのスポドリで、そこから、攣りが回復したから、そのスポドリいいかもしれない。

 

何周目か忘れたけど1分坂で結構スローペース(多分8?)があって前に頑張ればいけたけどまあいいかとそのまま後ろの方にいた。

10周目でスルスルーっと最後尾固定だった風間(風)さんいつの間にか先頭に行ってた。 ある程度のタイミングみて前行くべきだったかな。そうしたら9周目でダメージ喰らってないかもやし。

 

 

人数制限で補給が一人しかできなかった。2人欲しいですね。 みんなで昇格していきたい。

レースは案の定最後勝負 天野くんおめでとう。

サポート応援ありがとうございました。