ボリュームが足りない。先週はいいとして、今週はもっと乗るべき週だった。日曜はトラブルもあったけど、もっと乗れた。同じ負荷をかけ続けても成長しない。
もっと集中もしないといけない。もがくのは週2回、月たった8回しかないわけだし、1回1回良質な練習をするのが大事だといまさら気づいた。

 

6 L1 20min+体幹

7 山中tbt+α

8 和邇 105km 3h53m NP184w TSS230
tempo
花園橋~途中31m42s 205w
裏途中~花折11m19s 208w
和邇~伊香立浜大津~裏途中*2
45min 205w 207w

9 乗らず

10 L2朽木 82km 3h NP158w TSS135
sprint6s 619w

11 全体練 93km 4h NP197w TSS286 with篠原さん、一回生
江文3m51s 307w(スタート後少ししてから)
クリセン56s 438w
雲が畑12m52s 245w

傘トン56s 410w
弓槻3m0s 299w
栗尾5m47s264w
裏京見8m17s 262w
将軍塚1m2m*5
423 351 310 256 309

12 高雄持越江文 60km 2h26m NP150w TSS97


7 朝、雨で神山がスライドしたので頑張って起きて江文でも行こうかと思ってたが、全く起きれず。意志が弱くて起きることができない。晴れてたらいいんだけど、雨が降ってると早朝にL5しにいくだけの気合が持てていない。結局タバタして、その後実習で神山へ。

8 途中と朽木でtempoする予定で出発。山中で軽くアップしたがあまり調子がよくなくて、左足のクリート位置がしっくりこない。こういうときはじっくりアップすべきで、やはり途中までのテンポは大悶絶。いきなり攣りそう。その後、花折のトンネル抜けたら11℃で雨が降ってて、半袖半パンではさすがに無理やなと思いいったん和邇へ。体がかなり冷えたので、日向ぼっこしてから和邇~伊香立浜大津~裏途中で45minテンポ。1本目はやはり悶絶。2本目はカフェインパワーで比較的余裕をもってクリア。帰り、登り返しでスプリントして帰宅。昨日おつとめ品食パンにめぐりあえたので今日は食パンで補給したが、腹に溜まって気持ち悪い。やっぱりミニあんぱんのほうがいい。

10 L2で淡々と踏んだだけ。最初左足のペダリングがちぐはぐだったが、耐えた。

11 移動はのんびりで峠全もがき。江文は篠原さんが強い。最終コーナーまでは付き位置で最後アタックするも、捲られる。後ろでも6倍出てたから、かなりきつかった。クリーンはしっかりパワー出た。雲が畑は最初5倍で引いて、途中から後ろについてぬくぬく。住宅街に入るところでアタックして離したのでそのままいけるかと思いきや、追いつかれた。持越死亡。傘トンは捲られはしなかったが、千切れず。弓槻は、やはり最終コーナーで千切れる。去年の記憶でインナーで登ったらガチャついてしまった。サンダイコーで大休憩して、栗尾も最終コーナーで千切れる。篠原さんは傘トンから京見の交差点までで結構踏んでたが、下りなので楽勝で最後刺した。裏京見は、多少アタックしても千切れなかったので前で淡々と悶絶して終了。なんやかんやした後に将軍塚で1m2mしたが、勝ったのは最初だけ。というか、2本目以降は根性をつける練習になった。
今日は篠原さんが終始好調みたいでボコボコだった。全体的に最後耐える気合が足りず。去年と違って篠原さんといい感じにもがけるので、こういう峠もがく練習もいい。けど、もがいて休んでっていうのはインターバル耐性とかを養うには少し違う気がするし、ノーメニューなら、ゆくゆくは移動も高速にして休む間がないような練習がいいなと思う。

12 午前に色々済ませて、午後から出発。が、ワイヤーがいよいよまずそうになったので、ナーリーへ行こうとしたら、急にSTIのナットが緩んできてガタガタに。携帯工具で直そうと思って、久々に出したら使えなくなってたのでboxへ。ワイヤーは、切れそうではなくて単に張りが足りなかったらしい。アジャストボルト限界まで回してもダメだったので、てっきり寿命かと思った。余談だが、抵抗があってBBが死んでるかもと話してたら、ただ後輪が重すぎただけなのが面白かった。
その後、やっと練習へ。L2で踏むのもしんどい。ずっと悶絶してたが、2h経ったくらいからなんとか踏めるようになって、途中の下りが一番踏める。それでも嫌になったので帰ってしまった。こういうのはよくない。今日みたくしんどい日でも1.5hくらい悶絶すればL2は入るようになることは分かってるし、時間的制約はあったが練習量を考えると今日は4hは少なくとも乗らなければいけなかった。