美山ロード  ゴテゴテ

 

ムゥ 

 

https://viva-yuuking.hatenablog.com/entry/2024/05/27/195007 より



 

68.2kg NP305W ちなみに去年は、前日66.6~火曜日67.2なのでその間?でNP303W

 

明らか調子悪いのはわかってたし、できることやろって思ってたけど、レース内容としては、先週、今週をまさに表してて、選択がことごとく失敗といった感じ。

 

 

九鬼ヶ坂

392 2:11

457 2:00

413 2:08

373 2:14

431 2:07

326 2:34

430 2:07

 

1周目で有力どこの入った逃げができて、頑張って2周目 九鬼ヶ坂で追いつくも、集団がすぐに追いついてきて意味なし。

 

また逃げができたけど、有力どこいなかったので、スルーも逃げは常に目視できるくらい。

4周目で集団からアタックがかかって、ブリッジして、その小集団が、またすぐにとまりそうかつ集団も迫ってっきてたので、もう一回アタックしてみるも、スルーされ、なんか意味わからん感じになりそうだから、集団に戻った。

その後も集団の中にいたら、ちょくちょくのお見合いとかが発生しててギャップ埋めるのにいらんところで足使って、しんどいから4周目は後ろでちんたら登ってたら、10人以上かつ有力どこみんなのった逃げができてしまってた。

大慌てで集団牽引に参加。

前はそこまでガンガンにローテという感じではなく、旧道で何とか追いつくも、そこからカウンター。さっき行ってなんかよくわからんことになったからと思って、静観してたら、あーーこれやってしまったやつやわと悟る。

その周の九鬼ヶ坂でブリッジしようと頑張ったら、キナンの白川さんに千切られた。めっちゃキツく、あとちょっとと思ってたら頂上の山岳賞のラインで力尽きて、その後しばらく平坦踏まなあかんの完全にイメージ忘れてて、オールアウト。

ここをきっちりとつく力が完全に欠如してた。

 

後ろの集団で完全に終わり. 6周目で篠原が抜け出そうとしてて、着こうとしたけど、完全に足が終わってた。その後一人ではいかないようで、勝手に戻ってきてくれたから助かったけど、危ない危ない、篠原に負けるところだった(笑

 

でヒイコラして、最後の周の九鬼ヶ坂頑張って数人で抜け出すも、下りアンパイにちんたら降ってたら、後ろからの集団に追いつかれ、美山ロードのスプリント何回か落車も起こってるし落車もしたくなかったので、集団スプリントには参加せずに終わり。こんなことしてるから、いつまで経ってもスプリントが上達しないんだろうけど。

 

1月段階では良かったのだけど、何やかんやしてたら、去年の強さに追いつかれてしまった。萎え。がんばれ!